キッチンリフォーム、両親と同居の場合の注意点

worried

女性にとってキッチンが新しくなることは、とてもうれしいことです。

主婦はキッチンでかなりの時間を過ごします。

広くて使いやすいと、家事もはかどるにちがいありません。

両親と同居の場合のキッチンリフォームをする際は綿密に話し合いをしよう

両親と同居している場合のキッチンリフォームには注意点があります。

当然ながら同居と言っても、どのような二世帯かにもよります。

完全に独立した同居であるなら、ほとんど問題はありません。

キッチンが共用である場合は注意が必要です

料理を一緒に行うのであれば、綿密に話し合った決めることが欠かせません

十分な広さの料理スペースが必要です。

両親と同居の場合のキッチンリフォームの注意点

シンクもガス口も二人分設置する方が効率よく料理できます。

蛇口が一つしかないと、料理のペースが狂いお互いに料理をしにくくなってしまいます。

調理台に立った人の後ろにも十分なスペースを設けましょう。

人がギリギリ立てるだけだと、ぶつかり危険です。また二人の背の高さも考慮しなければいけません。

収納棚に手が届くようにデザインする必要があります。

背の高さに大きな開きがあると、調理台の高さも変わってきます。

お互いが楽に作業できるような高さにしましょう。

家庭によっては冷蔵庫や電子レンジなどの家電を二つ置いています。

家電を置く十分なスペースを取り分けなければいけません。

別の要素は年齢です。

年齢と共に料理ができなくなることもあります。

料理は頭も体力も使うため負担になってくるからです。

便宜を考えて広いキッチンにリフォームしたのに、数年でお姑さんやお母さんが料理をできなくなったということもあります。

将来のことを予測することはできませんが、親の健康や年齢もよく考慮に入れましょう。

両親と同居の場合のキッチンリフォームでは、生活スタイルや食習慣も考慮しよう

生活スタイルによっては、両親と同居でも一世帯分のキッチンで間に合うこともあります。

食事の時間が完全に分かれているなら、キッチンを使う時間が被ることはありません。

あえて広いキッチンリフォームをする必要はないでしょう。

ある例は本格的なキッチンを一つとサブキッチンを一つ作っています。

朝は簡単にそれぞれが食べて、夜家族がそろうときにはしっかり料理するためです。

料理の仕方やご飯の好みは家庭によって大きく違います。

お互い尊重して平和裏に過ごすためには、考え抜かれたキッチンリフォームにすることが大切です。

完成してから作り変えることは簡単なことではありません。

両親と同居している場合のキッチンリフォームを成功させるためには、生活スタイルや食習慣に合ったデザインであることが大切です

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す