キッチンリフォーム、天板高さのオススメ寸法は?

sink

キッチンリフォームでは天板高さを決めることが重要となります。

天板高さによって、キッチンを使う場合の疲れ方に違いが生じるだけでなく、自分に合わない高さは腰を痛める原因となります。

天板高さを決める基準は?

流し台の設置後に高さを調整できるタイプも販売されていますが、高額で一般的ではありません。

天板高さのオススメ寸法は、最も多くキッチンを使用する家族の一人を基準として、身長÷2+5㎝です。

シンク底までの高さは、立ったまま手を伸ばして届く位置がベストです。

コンロまでの高さは天板までの高さよりも若干低めが使いよいとされています。

流し台の高さは以前は80㎝が基準でしたが、現在は85㎝や90㎝が主流となっています。

日本人の身長の伸びが原因とされ、流し台の高さは高くなる傾向にあります。

高さは誰を基準にする?

キッチンリフォームで天板高さを決める場合は、最も利用頻度の多い家族の身長を基準とすべきです。

天板の高さを決めるにあたっての失敗例で多いケースは、実際に使用する家族を基準に決めるのではなく、将来使用するであろう家族を想定して、高さを決めてしまうことです。

しかし、将来は想定どおりには行かず、今使っている家族が将来も使い続けるケースがほとんどです。

高さを決めるにあたっては将来のことは考えずに、現在の時点で最も使用頻度の多い家族の一人を基準に決めることが大切です。

メーカーによっては寸法に違いがあることも

キッチンリフォームでは、利用するメーカーによって流し台の高さ寸法が微妙に違います。

特に、シンクの深さは20㎝を基準に数㎝上下し、見積りの調整過程で利用するメーカーが変わったりすると、初期の想定に狂いが生じることになります。

キッチンリフォームでは、流し台は最も金額の張る部分です。

予算の調整でメーカーが変更されることも多く、流し台の高さはメーカーが決まってから、その製品群の中で決めていくしかありません。

使うコンロのことも考慮しよう

キッチンでの作業でも、調理台を使用する時間は意外と短く、シンクでの洗い物や、コンロを使っての調理に長い時間を費やします。

流し台の高さを決めるにあたっては、シンクの底までの高さと、コンロの高さをはじめに決め、調理台は最後に決めた方がうまくいきます。

コンロ台はビルトイン型と、台置き型があります。

デザイン性はビルトイン型が優れていますが、調理台と高さが同じなのが難点です。

コンロの五徳の分が高くなってしまい、使いづらくなります。

台置き型ではコンロ台やコンロ本体でも高さの調整ができるので、選びやすくなります。

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す