キッチンリフォームを奥様にプレゼントするときの注意点

kitchen

古くなったキッチンが使いにくいと奥様がお悩みで、プレゼントとしてキッチンリフォームを検討されている方も多いでしょう。

最近のシステムキッチンの機能は、たいへん進化しており、古いキッチンとは比較にならないほど使いやすくなっています。

奥様の喜ぶ顔を見たいと考えキッチンリフォームをプレゼントするにあたり、いくつかの注意点をおさえておくとなお良いでしょう。

決定権は奥様に委ねよう

一点目は、キッチンリフォームに関する決定権を全て奥様に委ねるようにするということです。

理想的なのは支払いは引き受けるが、口出しはしないという心構えです。

最近は男性が料理を積極的に行うことも増え、キッチンは女性のものという概念は過去のものとはなっていますが、やはり男性と女性の体格差や主婦ならではの目線などで考えた場合は、奥様が中心となってプランニングに携わることが最適です。

いろいろと意見を挟みますと、自分の理想のキッチン像を実現できなかったという思いから不満がのちのちまで残ることになりかねません。

コストは気にさせないように配慮しよう

二点目は、予算に関しての制約を極力感じさせないようにすることです。

キッチンに限らず一般的なリフォームの場合は、総予算を決めてその範囲の中で実現可能なことを取捨選択していくものですが、プレゼントとしてキッチンリフォームをする場合は、コストに関する制約は作らないことが賢明です。

もちろん、青天井の予算となっては困ることもあるかもしれませんが、「予算面のことは気にせずに好きなキッチンを」というご主人の姿勢を見せたいものです。

キッチンリフォームの場合であれば、多くのリフォーム業者や工務店が値引きやキャンペーン価格での施工なども実施しているケースがありますので、この業者のキャンペーンプラン内であればOKであるなど、ある程度の予算の見通しを立てやすい方法も検討されてみると良いでしょう。

奥様の意見を尊重しよう

三点目は、どのようなキッチンが出来上がっても決して文句を言わないことです。

奥様にとっては、予算を気にせずに自分の好みのキッチンを作れるという夢のような出来事です。

真剣に検討して、何度も考え抜いて作り上げたプランであることは間違いありません。

コストを極限まで切り詰めて、機能重視とすることも一つの方法であるのですが、このようにプレゼントという形で好きなものを1から作ることのできる方法も良いのではないでしょうか。

 

素晴らしいキッチン空間は、家庭円満にも繋がります。プレゼントが成功するように、これらの心得を気に留めておくことをおすすめします。

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す