システムキッチンリフォームの選び方

Kitchen

家はそこで毎日生活をしていくうちに汚れたり設備が傷んできたりするのは当然のことです。

毎日家族の食事作りをするキッチンなどの水周りは、特に汚れやいたみが激しい場所でもあり、住宅リフォームの中でもキッチンリフォームは希望する人のとても多いジャンルだといわれています。

キッチンリフォームを希望する人はとても多い

食事という生きていくうえで欠かすことの出来ない大切な行為に直結したキッチンは、清潔で使いやすい場所であることが求められます。

でも、実際には汚れやすく、火や水を扱う場所なのでいたみも激しく、さまざまな食材や調理器具、食器などを置く場所なので、いつも収納が不足してしまうという場所でもあります。

現在のキッチンにどんな不満を抱えているか 毎日キッチンに立って食事の準備や後片付け、お弁当作りなどをおこなうにあたり、作業効率を下げてしまうような使いにくい動線だと、そうした作業を効率よくこなすことが出来なくなり、毎日の事なのでストレスがたまります。

収納不足によってものが床の上に散乱していたりすれば、さらに動線は遮られスペースも狭く使いにくくなってしまいがちです。

システムキッチンの賢い選び方

キッチンリフォームを検討しようとするとき、夢のような美しいシステムキッチンや便利な最新の設備機器などに目がいってしまいがちですが、まずは現在のキッチンにどんな不満を感じているかを思いつくままに書き出してみることがおすすめです。

どんな風にしたいかという具体的な希望を持つことももちろん大切なのですが、現在のキッチンのどんなことに困っているのかを、できれば家族みんなで思いついたことを全て出してみるようにします。

主にキッチンを使うその家の主婦の意見はもちろんだし、夫や子どもそれ以外の家族もそれぞれの視点で不便に感じていたり不満に思っている事を出し合ってみると、思わぬ問題が見つかって、その結果システムキッチンを新しくするだけでなく、間取りや動線まで変化させるようなプランを提案してもらえるかもしれません。

予算の範囲で、少しでも不満や使いにくさを解消できるようなベストなプランを提案するのが、プロに求められる役割です。

 実物を見てイメージをつかもう

話し合いを重ねてキッチンの形などが決定して、いよいよシステムキッチンを選ぶ段階になったら、ぜひショールームに足を運んで実際に使い勝手を確かめるのがおすすめです。

便利そうであこがれていた設備機器が、実物を見てみたら意外に使いづらそうだったりといったことも考えられます。

カタログで見るだけではわからないさまざまな細部の使い勝手なども実際に自分の手で触れてみればよりイメージがつかみやすく、満足できる選び方が出来ます。

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す