キッチンリフォームで失敗しないポイント

キッチンリフォームが必要な理由

住宅は新築して10年も経過すると、あちこちが傷んだり家族構成の変化などでリフォームが必要になってきます。

特に水まわりについては新しい設備機器類が出てきていますのでリフォームの需要の高い所です。

そこでキッチンリフォームで失敗しない方法を考えてみましょう。

キッチンリフォームで失敗しないポイント

基本的に導線については現在の配置と同じようにしたほうが使いやすいです。

例えば流し台やコンロ台などの配置は、現在料理をする時の導線が身についていますので、同じように流し台やコンロ台を配置すると戸惑うような事はありません。

それと将来どのような使い方に変化するかも考えて、キッチンリフォームをする事です。

例えば将来子供と一緒に料理をしたり、家族で一緒に料理をする機会が出てくるようであればそれなりの広さを確保できるようにしましょう。

メーカーショールームで事前に確認すること

流し台などの設備機器類はメーカーのショールームに見学に行き、流し台の高さやシンクの広さそして収納関係の棚の使い勝手を実物でチェックして決めるようにしましょう。

最近のシステムキッチンは様々な機能が付いていますが、実際に我が家でこの様な機能が必要なのかも考えてみる事です。

予算をかけると製品的には良いものが手に入りますが、少ない予算でも十分機能的で使いやすい製品を選ぶ事も大切でしょう。

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す