キッチンまるごとリフォームするときの相場はいくら?

money

キッチンまるごとリフォームの相場は、まずは50万円と100万円の二種類を把握しておきましょう

住まいの間取りに影響するリフォームは高額になりますが、住まいに対して養生を行ないながら必要最小限の解体工事と撤去工事で済ませられる場合は低予算でも実現できます。

キッチンリフォームの相場は二種類

まるごとキッチンリフォームの選び方は、基本的に全体的に統一感のある仕上がりになりますので、システムとしてリフォームするのか、あるいは、個性的に使用できるようなオーダーメイド風のリフォームなのかを決めておくのがポイントです

システムキッチンリフォームならば、全体的に統一されて、機能性と美観が兼ね揃えられています

システムキッチンとして量産できるので、低価格や割引価格も実現されやすいです。

消費税を別にすれば、50万円の相場でも可能になります。

注意したいのは、オーダーメイド風のスタイルです。

自分や家族にとって使い勝手が良くなるように変更する場合は、住まいに例えると注文住宅の設計と施工に似ています。

量産できませんので、個別の価格になります。

設備機器類に対しては割引価格が適用される場合もありますが、リフォーム施工業者が連携しているメーカーやブランドの製品が対象です。

注文住宅の施工のように、オーダーメイド風まるごとリフォームを実施すると、新築したときの間取りやスタイルとは一変して、最新の一戸建て住宅のようなスタイルに変更できます

住まいの壁や床にも影響しますので、相場は100万円が基準価格になります。

間取りそのものを変えるリフォームも可能

オーダーメイド風で、間取りそのものも変化させる場合は、さらに50万円を上乗せして150万円を相場として把握しておきましょう。

まるごとリフォームの価格が150万円の相場として把握すると、大胆なデザイン変更や、最新設備機器の設置なども実現可能になりますし、なによりも新築の一戸建てのように仕上がります

廃材処理運搬費用は、キッチンの現況でも変化しますので、リサイクル対応か確認すると良いでしょう。

価格に差が出る工期は必ず確認しよう

まるごとリフォームで価格に差が出る要因のひとつが、リフォーム工事の工期です。

工程内容によって必要になる日数は変わります。

工期が一週間であれば、工程内容に関わらず安全で確実な作業の進行が可能なので、仕上がりも安心です。

まるごとリフォームの工期を一週間以内や、あるいは週末の金土日三日間限定などで行なう場合は、人件費は節約できるのですが、仕上がりに不安要素が出てきます。

仕上がりの美しさを求める選び方であれば、工期と工程内容にも注目しましょう

リショップナビキッチンリフォーム一括見積り

コメントを残す